スーパーダメージ毛、ホームケアの考え方。

みなさんこんにちは、ミックの田中です。

ダメージ毛のホームケアを考えた場合

良いトリートメントを使えばいい。

と考えて「シャンプーはあまり気にしない」と思われがちですが・・・

しかしながらホームケアの基本は

シャンプー

です。

市販シャンプーなどには、シャンプーだけの仕上がりを重視したものが多く
シャンプーだけでも軋まない、柔らかい仕上がりというものが多く存在します。
簡単にいうと「ポリマー剤」や「植物油」が多く配合されていると
思ってもらってよいと思います。

つまり良いトリートメントを使用しても
シャンプー剤によっては、
「トリートメントがのっからない。」
ということになります。

つまり、
「油の上に油をつけてものっからない」
ということです。

知らずに使っていると、
「どんなにいいトリートメントをしたところであまり意味がなくなる」
ということです。

シャンプーには必要以上にコート剤など含まれていない方が良い。

理屈で説明すると、
シャンプーに含まれる界面活性剤は「アニオン(-)」の電荷をもっています。
トリートメントは「カチオン(+)」の電荷をもっています。
単純に(+)と(-)でトリートメントをくっつけるということです。

ということは、

それを邪魔する成分は、なるべくならないほうがいいというわけです。

ミックで使用しているDO-Sシャンプー

DO-Sシャンプー

「単純に洗浄力が強く、余計な感触向上剤がない」
というシャンプーです。

初めて使用する場合、
髪の表面にこれまでの「皮膜」があったりすると
なかなか泡がたちません。

なので、泡がたちづらい場合は、泡がたつようになるまで
何回もシャンプーしてください。
「余計なものを落とす事=しっかり洗う」
という事が第一段階です。

シャンプーをすすぎ終わったら、
一度タオルで水分を適度にとります。

水分が抜けるとダメージ毛の場合、軋む感じが残ると思います。

セーハトリートメント

セーハトリートメント

適度にとりながら、髪の毛全体に馴染ませます。
髪の毛に吸収されていく感じが分かると思います。
「髪の毛に吸収させる事=しっかり保湿」
全体に馴染ませたら、2,3分程そのままで。

流して乾かすと「軽くて、柔らかい髪の毛」になっていると思います。
あとはその繰り返しで、これ迄よりも徐々に扱いやすくなっていくと思います。

「DO-Sのトリートメント」もありますが、
スーパーダメージの髪の毛には毛の表面のカバー力もある「セーハ」をおススメしています。
個人的な好みですね。。

但し髪質によっては「毎日、セーハ」も考えどころです。
髪質に合わせて、使用する分量で調整してください。

本当にいいヘアケア剤っていうのは
正しい使い方をしないと、お客さんに効果がわかってもらえません。
なので、美容師の説明がいるんですね。
「髪質、ダメージ度合いによって、使い方も考えなければいけない」
ということです。

綺麗な髪の毛にしていく為にはヘアケア剤を選ぶ基準、考え方が重要ということです。

いつもブログをご覧いただいて有難うございます😁
MIC.HAIR 〒814-0022 福岡県福岡市早良区原1-40-4
☎︎092-202-8332 mic.8332@gmail.com
【休】月曜日定休、他月1日(不定) 【営業時間】AM9:00〜PM7:00
MIC.HAIR ホームページはこちらから
WEBネット予約はこちらから

MIC.HAIR「LINE@」
LINEでお友達追加していただくと、ご予約やお問い合わせもLINEトークからもできます。
もしかしたらいつかお得な情報もあるかもです👍

この記事の著者

田中 ヤスミツ

田中 ヤスミツMIC.HAIR

福岡県早良区で一人で美容室を運営しながら働いています。
仕事やプライベートのことを自由に書いています。
記事内容が気に入らなかったらごめんなさい。笑

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る