セーハトリートメントは皮膜だからダメ!!そんな馬鹿な・・・笑

  • 2015-8-20
  • セーハトリートメントは皮膜だからダメ!!そんな馬鹿な・・・笑 はコメントを受け付けていません。

お家で使うトリートメントは何がいいですか?

gty0045047501

と聞かれますので、
ミックにあるるトリートメントについてです。

DO-Sトリートメント
DO-Sトリートメント

セーハトリートメント
dsc03080

基本的に・・・

トリートメントにこだわる!

というよりも、シャンプーとトリートメントの相性もありますので
できれば両方のバランスも考えなければいけませんけでも・・・・

とりあえず、ミックで使用しているシャンプー

DO-Sシャンプー
を使用しているという仮定で解説します。

DO-Sシャンプー自体の目的が
「髪の毛を洗うこと」
という目的なので、
市販のシャンプーのような泡立ちの良さ、
シャンプー後のツルツル感、ヌルヌル感(笑)なんてものはありません。

普通の洗剤です。笑

シャンプーの目的をシンプルに考えていくと、
やっぱりこんな感じになりますね。

そしてシャンプーの後に使用するトリートメントなんですけど、

普通に考えるなら同じブランドの「DO-Sトリートメント」
DO-Sトリートメント
が素直ですね。

髪の毛をコーティングするようなトリートメントではなく
髪の毛の中に浸透して染み込んでいく感じ・・・

ほとんどの方の場合、DO-Sのセットでいいと思います。

しかしながら・・・・

なぜ「セーハトリートメント」もすすめる場合もあるのか?
dsc03080

髪の毛の乾燥や特に髪の毛表面のキューティクルの損傷具合によっては
場合によっては「皮膜」が必要だと思っています。

体の怪我に置き換えれば、
「擦り傷」程度なのか、それとも「火傷」の状態なのか・・・

火傷の状態でもレベルがあるように

髪の毛を痛み具合といっても、損傷の箇所や状態のレベルがあるでしょ。

しかも、

お客さん個人のご自宅での髪の毛の取り扱い方、

仕上がりの好み・・・

それらを考えると「DOーSトリートメント」よりも
「セーハトリートメントの方がいいのでは?」と考える場合もあります。

セーハの特徴は、保湿、カバー力があるのに仕上がりが軽いこと。。

使用分量を間違えなければ
ダメージの保護やヘナとの相性も非常に良いと個人的に思います。

髪の毛表面の損傷、乾燥が強い方には
ある程度の髪の毛の保護は必要・・・

コーティングはやりすぎだけど、薄いガーゼを貼るような感覚・・・

内容成分だけで判断するのではなくて
使用した後の仕上がりの状態、結果ですね。。

「DO-Sのシャンプー」と
「皮膜のトリートメント」を
組み合わせるのはおかしい

なんて方もおられると思いますが、

基本的に

理屈よりも結果主義なので(笑)

ブランドではなく
目的でプロダクツ(商品)を選び
それを組み合わせて
「髪の毛が綺麗になった」
という結果がでて
お客さんが喜べばそれでいいでしょ??

言いかえれば、

ちっちゃいことは気にするな!

それ!

09b3683aaa1efbcff414e4f26b1a6c3c-320x598

とはいっても、

どんなに良いと言われているシャンプー、トリートメントも
使い方や考え方によっては

「しょーもないもの」とお客さんに理解されかねないので
説明はやっぱり必要です。

セーハも使い方によっては、髪の毛が重たくなるものですしね。笑

なので、普段使いは「DO-Sのシャントリ」
髪の状態によっては、週に1,2回にセーハで保湿が理想ですけど、
そこはお客さんに任せています。笑

メリットやデメリットを知ったうえで選択するのは自分次第!

ウチで取り扱っているものは
僕個人が「最良の方法と思っている」だけなので
それ以外のホームケアの方法で、髪の毛が綺麗になれば
それはそれでいいですしね。笑

何事も頭でっかちになって考えるよりも
シンプルに考えたほうがいいかもですナ・・・

いつもブログをご覧いただいて有難うございます😁
MIC.HAIR 〒814-0022 福岡県福岡市早良区原1-40-4
☎︎092-202-8332 mic.8332@gmail.com
【休】月曜日定休、他月1日(不定) 【営業時間】AM9:00〜PM7:00
MIC.HAIR ホームページはこちらから
WEBネット予約はこちらから

MIC.HAIR「LINE@」
LINEでお友達追加していただくと、ご予約やお問い合わせもLINEトークからもできます。
もしかしたらいつかお得な情報もあるかもです👍

この記事の著者

田中 ヤスミツ

田中 ヤスミツMIC.HAIR

福岡県早良区で一人で美容室を運営しながら働いています。
仕事やプライベートのことを自由に書いています。
記事内容が気に入らなかったらごめんなさい。笑

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る