ヘナの「赤み」を小麦粉カラーで抑えてみる。

みなさんこんにちは✋

@小麦粉カラー

 

 

普段は
「根元はプリミエンスカラーで白髪染め」
「根元以外は100%ヘナ」
で染めていました。

ヘナで繰り返し染めていくメリットは、髪の毛にハリコシが出てきて、ツヤが出やすくなります。

しかしながら、ヘナの持つ「オレンジの色素」がどうしても濃くではじめてきて
髪の毛の「赤み」が気になる場合もあります。

これまでは「インディゴ」で赤みを抑えていましたが、
今回は「小麦粉カラー」を使って赤みを抑えていきます。

「イエロー」と「グリーン」調合、「イエローマット」を使用します。

 

中央スライダーの矢印をドラッグして、左右に動かせばビフォーアフターを切り替えできます。スライダーより左はビフォー画像、スライダーより右はアフター画像です。

 

 

 

 

「DO-SトリートメントSP」が質感UPにかなり活躍してくれます。
トリートメント選びにお悩みの方は、確実にオススメの逸品です。

 

カラー後の電子トリートメントは「P4.3」

地肌、髪の毛のアルカリ抹消、髪の毛の引き締め、色もちUPを狙っています。

 

小麦粉カラーだけでも「ツヤ、質感」かなりよくなりますが、
炭酸泉、DO-SトリートメントSP、電子トリートメントの組み合わせが
かなりヘアカラーの仕上がりの良さをあげてくれます。

いい感じです♪

ちなみに今回のお客様は50代のお客様です。
F様、いつもありがとうございます♪

 

 

 

いつもブログをご覧いただいて有難うございます😁
MIC.HAIR 〒814-0022 福岡県福岡市早良区原1-40-4
☎︎092-202-8332 mic.8332@gmail.com
【休】月曜日定休、他月1日(不定) 【営業時間】AM9:00〜PM7:00
MIC.HAIR ホームページはこちらから
WEBネット予約はこちらから

MIC.HAIR「LINE@」
LINEでお友達追加していただくと、ご予約やお問い合わせもLINEトークからもできます。
もしかしたらいつかお得な情報もあるかもです👍

この記事の著者

田中 ヤスミツ

田中 ヤスミツMIC.HAIR

福岡県早良区で一人で美容室を運営しながら働いています。
仕事やプライベートのことを自由に書いています。
記事内容が気に入らなかったらごめんなさい。笑

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る