美容師の視点で髪を綺麗に見せるということ。

みなさんこんにちは、ミックの田中です。

正直なところ

美容師の髪に関しての知識は毛髪科学をちょいとかじった程度。
さらに詳しい毛髪科学、毛髪メカニズムなんてものは
化粧品メーカの研究職の方が専門分野です。

美容師の知識というのは

「浅い毛髪科学」

「実際に一人一人のお客さんの髪の毛を触ってきた
指の感触、施術に関しての過去の膨大なデータベース」

が武器なのです。

髪の毛が綺麗に見えない原因=ヘアダメージ

と考えがちですが、

実際のサロンの現場で触る髪の毛はヘアダメージではない事が原因で

艶がない。

枝毛、切れ毛がある。

髪にハリコシ弾力がない。


40代,50代こそ、考え方をシンプルに!!

毛の状態を確認できます。

つまり

原因が「外的要因」でなければ毛髪科学を元にした
トリートメント(毛髪修繕、髪質改善を目的にしたもの)
は通用しないことになります。

一時的に髪の状態を綺麗に見せる、ごまかす。

ということで精一杯というワケですね。

それが美容師からの視点。

では

漢方の視点で髪の毛を見るとどうなのか?

つづく。

 

 

いつもブログをご覧いただいて有難うございます😁
MIC.HAIR 〒814-0022 福岡県福岡市早良区原1-40-4
☎︎092-202-8332 mic.8332@gmail.com
【休】月曜日定休、他月1日(不定) 【営業時間】AM9:00〜PM7:00
MIC.HAIR ホームページはこちらから
WEBネット予約はこちらから

MIC.HAIR「LINE@」
LINEでお友達追加していただくと、ご予約やお問い合わせもLINEトークからもできます。
もしかしたらいつかお得な情報もあるかもです👍

この記事の著者

田中 ヤスミツ

田中 ヤスミツMIC.HAIR

福岡県早良区で一人で美容室を運営しながら働いています。
仕事やプライベートのことを自由に書いています。
記事内容が気に入らなかったらごめんなさい。笑

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る