電子トリートメント縮毛矯正??

みなさんこんにちは✋

 

「女性ホルモン」と「髪の毛」の関係ってすごく密接なんですよね。。

つづきです。

 

応力緩和@縮毛矯正

矯正剤を塗布する前に、髪の毛をアルカリ状態にしてストレートブローしていきます。
アルカリ水(応力緩和水)をいつも使うのですが、
今回は新しく採用をはじめた「電子トリートメントM3.5」を使用。

そこからいつもの工程の縮毛矯正です。

中間処理
コンプレックストリートメント「ベジコン」

ストレート、カラーパーマに必須な後処理「DO-Sアシッド」

薬が効くかどうかの心配もありましたが
色々やってカット終了して仕上がりです。

 

中央スライダーの矢印をドラッグして、左右に動かせばビフォーアフターを切り替えできます。スライダーより左はビフォー画像、スライダーより右はアフター画像です。

 

 

 

 

 

柔らかくて、自然な仕上がりになりました。
アイロンの温度設定の加減、脱水ブローの加減でまだ向上の余地はありますね。。。。

応力緩和を利用することで、
難しい条件の髪の毛でもリスクをかなり減らせてアプローチしやすいところがメリットですね。

 

 

いつもブログをご覧いただいて有難うございます😁
MIC.HAIR 〒814-0022 福岡県福岡市早良区原1-40-4
☎︎092-202-8332 mic.8332@gmail.com
【休】月曜日定休、他月1日(不定) 【営業時間】AM9:00〜PM7:00
MIC.HAIR ホームページはこちらから
WEBネット予約はこちらから

MIC.HAIR「LINE@」
LINEでお友達追加していただくと、ご予約やお問い合わせもLINEトークからもできます。
もしかしたらいつかお得な情報もあるかもです👍

この記事の著者

田中 ヤスミツ

田中 ヤスミツMIC.HAIR

福岡県早良区で一人で美容室を運営しながら働いています。
仕事やプライベートのことを自由に書いています。
記事内容が気に入らなかったらごめんなさい。笑

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る